【切手買取】記念切手の買取相場と高く売るコツ!

記念切手を売ろうとお考えの方へ。記念切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

日韓通信業務合同記念切手の買取相場と買取ポイント

韓通信業務合同記念切手は珍しく、そして、価値の高い記念切手

ここでは韓通信業務合同記念切手の買取相場と買取ポイントをご紹介しています。

大韓帝国にある逓信事業を日本が委託された事を記念に発行された記念切手が韓通信業務合同記念切手。

日本では4番目に発行された記念切手になるんですね。発行日は1905年7月。額面は3銭の1種類のみ。

この日韓通信業務合同記念切手には他の記念切手と違う所があり、それは日本と韓国で同時発行されたという事です。

販売枚数は148万枚で、その内の半数以上である82万枚が韓国国内で販売され、日本にだけではなく外国にも出回っている珍しい記念切手になります。

また、日本と韓国で同時販売されたという事で「大日本帝国郵便」の国号表記が入っていなかったり、韓両国が対等であることを示すため両国の紋が対等に描かれていたりなど、これまでの記念切手と大きく異なる箇所が多々あります。

気になる韓通信業務合同記念切手の買取相場は、

【韓通信業務合同記念切手の買取相場】
3銭:10000円前後

このような買取相場になります。

額面が3銭の切手が1枚、10000円で売れるということから、それだけ価値が高い記念切手という事がわかります。

現在、日本には他にもたくさんの記念切手が存在しますが、韓通信業務合同記念切手は価値が高いプレミア切手のひとつになり、高額買取を期待する事ができます。

もし、手もとに韓通信業務合同記念切手がある場合は高額で売れる可能性が高いので一度、買取査定に出してみる事をおすすめします。

複数の切手買取サイトに査定を依頼して相見積もりを取るのがおすすめ!

上記でご紹介したように韓通信業務合同記念切手の価値は高く、売る時も高額で売れる可能性が高いです。

しかし、記念切手というのは古くからある切手になり、状態の良い悪いで買取金額は大きく変わってきます。

韓通信業務合同記念切手は100年前に発行された記念切手になるので状態が良いまま保存されている事は少なく、状態が悪ければ買取相場よりも安い金額で買取られてしまう恐れがあるんですね。

ですので、ひとつの買取サイトだけではなく、複数の買取サイトに買取査定を依頼して相見積もりを取るのがおすすめです。

現在、切手を買取してくれる買取サイトは多くあります。それぞれの切手買取サイトで特徴や強みは異なり、買取金額にも差が出てきます。

ひとつの買取サイトだけでは妥当な買取金額なのかを判断することが難しいので複数の買取サイトに買取査定を依頼して買取相場を確認するのが賢明です。そして、最も高い買取査定を提示してくれた買取サイトに買取ってもらいましょう。

切手の買取におすすめの買取サイトは以下の2つの買取サイト。

⇒買取プレミアム
⇒スピード買取.jp

この2つの買取サイトは、切手の買取に強く、いくつもの高額買取の実績を持っています。切手に関する専門的な知識を持った買取査定員もいるので安心して買取を依頼する事ができますし、切手の価値に見合った金額で切手を売る事ができます。

ここでご紹介している日韓通信業務合同記念切手は価値の高い記念切手になるので安く買取られてしまわないためにも切手に詳しい専門査定員がいる買取プレミアム、スピード買取.jpを利用することをおすすめします。

記念切手 一覧

ページTOPへ