【切手買取】記念切手の買取相場と高く売るコツ!

記念切手を売ろうとお考えの方へ。記念切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

大正大礼記念切手の買取相場と買取ポイント

大正天皇が即位された事を記念して発行された『大正大礼記念切手』

ここでは大正大礼記念切手の買取相場と買取ポイントをご紹介しています。

大正天皇が即位された事を記念して発行された記念切手が『大正大礼記念切手』。

大正大礼記念切手は1915年11月に発行され、額面は全部で4種類あり、図柄もそれぞれで異なってきます。

【大正大礼記念切手の図柄】
1銭5厘:儀式の冠
3銭:天皇の座である高御座
4銭:紫宸殿と威儀本位の武人
10銭:紫宸殿と威儀本位の武人

このようになっています。

この中でも特に価値が高いのが10銭の大正大礼記念切手。10銭の大正大礼記念切手は他の額面よりも発行数が少なく、その分、稀少価値が高くなっているんですね。

大正大礼記念切手は他の記念切手よりも額面が多く、図柄もそれぞれで違うので、それだけ天皇の即位は大きなものだという事がわかります。ちなみに大正天皇が即位された時、大正大礼記念切手の他にも記念はがきや記念切手の台紙も同時に発売されています。

気になる大正大礼記念切手の買取相場

気になる大正大礼記念切手の買取相場ですが、以下の通りになっています。

【大正大礼記念切手の買取相場】
1銭5厘:1000円前後
3銭:1000円前後
4銭:3000円前後
10銭:13000円前後

大正大礼記念切手は天皇が即位された記念になるのですが、そこまで高い価値はついていなく、1銭5厘・3銭・4銭にはそこまでの価値は付いていません。

ただ、上記でも述べましたが、10銭の大正大礼記念切手には高い価値が付いていてプレミア価格で取引される事が多いので高額買取を期待する事ができます。

また、買取相場が低い1銭5厘・3銭・4銭の大正大礼記念切手も10銭と合わせて4種類すべてが揃っていればコレクションとして評価が高くなり、買取相場以上の金額で売れる事もあるので4種類のすべての額面が揃っている時はまとめて買取に出した方が高値が付きます。

大正大礼記念切手の買取ポイント

大正大礼記念切手は4種類揃えて買取に出すのがおすすめ!

大正大礼記念切手を少しでも高く売りたい、安くは売りたくない、という人に押さえてもらいたいポイントをご紹介したいと思います。

先ほども述べましたが、大正大礼記念切手は10銭以外の額面は価値がそこまで高くありません。ですので、4種類揃っている場合はバラで買取に出さないで4種類揃えて買取に出すのがおすすめです。

また、記念切手は保存状態によって買取金額は大きく変わってきます。保存状態が良いものはもちろん、高額買取を期待する事ができますが、保存状態が悪い切手は買取金額が大きく下がってしまいます。

ですので、できるだけキレイな状態で買取査定に出すようにしましょう。

切手買取サイトを利用する事は必須

そして、大正大礼記念切手を売る時は必ず切手買取サイトを利用する事が必須です。

記念切手は一般的な買取業者に買取を依頼してもや安く買取られてしまう恐れがあるんですね。切手は専門的な知識がないとその価値を見極める事は難しいのでやはり切手の買取を専門的に行なっている買取サイトを利用する事が必須になります。

切手買取サイトには切手に詳しい専門査定員がいるので切手の価値に見合った金額で切手を売る事ができますし、安心して買取に出せます。

現在、大正大礼記念切手をの売却をお考えの方には是非、切手買取サイトを利用して大正大礼記念切手の価値に見合った金額で切手を売ってほしいと思います。

下記のページでおすすめの切手買取サイトをご紹介しているので一度、目を通してみてください。

切手の買取に強い!おすすめの切手買取サイトはこちら!

記念切手 一覧

ページTOPへ