【切手買取】記念切手の買取相場と高く売るコツ!

記念切手を売ろうとお考えの方へ。記念切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

飛行郵便試験記念切手の買取相場と買取ポイント

飛行郵便試験記念切手ってどんな切手?

日本で初めて飛行便の試行がされた日を記念として発行されたのが飛行郵便試験記念切手。

この飛行郵便試験記念切手にはいろいろな特徴があり、買取相場も非常に高い金額になっています。

まず飛行郵便試験記念切手が発行されたのは1919年10月3日になり、額面は1.5銭と3銭の2種類。

そして、飛行郵便試験記念切手には葉書用(赤色)と封書用(黒色)の2つの種類があるという特徴があります。

さらに飛行郵便試験記念切手は東京と大阪のみで限定販売された記念切手になり、発行枚数は葉書用(赤色)が5万枚、封書用(黒色)が3万枚でした。

飛行郵便試験記念切手の買取相場

飛行郵便試験記念切手は航空切手(航空郵便専用の切手)の種類に入るのですが、航空切手自体がかなりの希少な切手になり、それだけ価値も高くなっています。

飛行郵便試験記念切手は航空切手に加えて、記念切手でもあり、数多くある記念切手の中でもその価値はトップクラスになります。

飛行郵便試験記念切手の買取相場は、

【飛行郵便試験記念切手の買取相場】
1.5銭:60000円前後
3銭:70000円前後

このような買取相場になっています。見ていただければわかると思いますが、非常に高額になっており、それだけ価値が高い記念切手だという事がわかります。

飛行郵便試験記念切手は贋作も出回っている

飛行郵便試験記念切手は偽造が簡単にできてしまう切手になるため、贋作も多く出回っています。

本物と贋作では印刷方法が違うのですが、素人が見ても本物か贋作かを見極める事はできません。やはり、切手に詳しい専門家でなければ見極める事は難しいです。

本物か贋作かを見極めるためにも専門家に見てもらうのが一番

自宅に飛行郵便試験記念切手が眠っている場合でももしかしたら贋作の可能性もあるので一度、専門家に見てもらうのがいいでしょう。

切手を専門的に買取している、

⇒買取プレミアム
⇒スピード買取.jp

には、切手に関する専門的な知識を持った査定員がいるので飛行郵便試験記念切手の本物、贋作を見極めてくれる事でしょう。

もし、本物の場合は高額で買取もしてくれるのでまずは査定を依頼して本物か、贋作を確認してから買取に出すかを検討してもらいたいと思います。

買取プレミアム、スピード買取.jp、共に査定料、出張料、キャンセル料は無料ですので査定を依頼してもなにも損をする事はありませんよ。

記念切手 一覧

ページTOPへ