高額査定!東京都 切手買取サイトランキング

切手を売ろうとお考えの方へ。東京で切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

使用済みの切手も売れるの?

使用済みの切手でも売る事はできます!

切手の中には使用済みでも売る事ができる切手があるので、使用済みだからといって処分をしてはいけません。

もしかしたらその切手が高額で売れる可能性がありますよ。

価値の高い切手や希少な切手になると、使用済み切手や消印付きの切手、封書やハガキについたままの切手でも高額査定を期待する事ができるんですね。

切手買取に強い買取サイトだとより高く売れる可能性も出てくるので使用済みの切手がある時もまずは買取サイトに査定を依頼してその切手の価値を確認してみましょう。

使用済み切手でも高く売れる理由

切手は古くなればなるほどその価値は高くなっていきます。それと同時に入手も困難になります。

明治時代や大正、昭和のプレミアム切手が未使用の状態で入手できる事は本当に難しいため、使用済みの切手でも需要は高いです。

また、使用済み切手の消印にこだわっているコレクターさんも多いという事も使用済み切手が売れる理由にもなります。

当時の消印の日付や切手が貼ってある封書によっても価値は変わってくるので無理して剥がしたりせずのそのままの状態で買取査定に出す事がおすすめです。

価値が高いと言われている消印

消印にもいくつかの種類があり、その消印によって切手の価値は変わってきます。

価値が高ければ高いほど買取査定も高くなり、使用済みの切手でも高額で売る事ができるようになります。

価値が高い消印と言われているのが以下の消印。

【特殊通信日付印(特印)】
特殊通信日付印は国家的記念行事のときだけに使われる大型の記念印。

【小型記念日付印(小型印)】
特殊通信日付印を使うほど大きな行事でない時に使われる記念印を小型印と呼びます。

【風景入通信日付印(風景印)】
風景入通信日付印はその土地の名所などを描いた特別の日付印。

これらの消印は価値が高く、査定対象にもなります。切手の種類によっては大きく査定アップすも期待する事ができます。

使用済みの切手を売るなら切手専門買取サイトを利用する!

上記でご紹介してきたように使用済みの切手も高額で売る事ができる場合もあるので、手持ちの切手の中に使用済みの切手がある場合も査定に出してみてくださいね。

切手の買取を専門に行っている買取サイトや切手の買取に強い買取りサイトだと高額査定がつく可能性が高いので査定に出す時は切手買取サイトを選択する事がおすすめです。

査定はもちろん無料で行ってくれるので査定に出して損をする事はなにもありませんので一度、査定に出してどのくらいの価値があるのかを確かめてほしいと思います。

ページTOPへ