価値の高いプレミア切手もあります。買取サイトで切手を売る時、このプレミア切手は額面以上の金額で売る事ができ、プレミア切手によっては何千円、何万円という買取金額がつくものもあります。" />

高額査定!東京都 切手買取サイトランキング

切手を売ろうとお考えの方へ。東京で切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

高額買取が期待できる切手の種類

額面以上で売れる価値の高いプレミア切手

切手には何百、何千という種類があり、その中には価値の高いプレミア切手もあります。

買取サイトで切手を売る時、このプレミア切手は額面以上の金額で売る事ができ、プレミア切手によっては何千円、何万円という買取金額がつくものもあります。

今では切手買取に強い買取サイトも多く誕生しているので、もし家に大量の切手が保管されている場合は一度、買取サイトに査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

もしかすると高額で売れるプレミア切手が眠っているかもしれませんよ。

どんな切手が高く売れるの?

小判切手

小判切手は明治9年から明治25年に発行された普通切手です。切手の中央部分に小判型の輪郭が描かれていて、これが小判切手と呼ばれるようになった理由です。

小判切手は日本では古い切手になるので、その価値も高く、プレミア切手になる事がほとんどです。買取相場も3千円~5万円と幅広く、小判切手の種類によっては高額買取を期待できます。

菊切手

菊切手はその名の通り、菊の柄が切手の中心に配置されている切手。切手の種類は普通切手になるため、発行部数は多く、多くの人に親しまれてきた切手です。

しかし、震災の影響でその多くが消失してしまい、今では価値が高い切手の1枚になっています。保存状態の良い菊切手には1枚10万円前後の買取金額がつく事もあり、それだけ価値が高い切手です。

軍事切手

明治の終わりから昭和初期に発行されていた軍事切手。軍事切手は当時の軍人が郵便物を出す時に使われていた切手で、普通切手の上に軍事と記載されているのが軍事切手の特徴です。

特に大正白紙軍事や菊軍事には高い価値がついていて1枚1万円前後、状態が良いものでは4万円前後で買い取ってくれる買取サイトもあります。

見返り美人

昭和23年に発行された見返り美人という切手。記念切手になり、江戸時代に活躍した有名な浮世絵画家の図柄が使われているのが特徴です。外国人から特に注目を集めている切手になりますね。

発行枚数も多く、今でも多くの枚数が存在するという事で小判切手や菊切手まで価値は高くありませんが、額面以上の金額で買取に出す事ができます。

月に雁

見返り美人と同じく記念切手になる月に雁。希少性が高い記念切手になり、その価値も高いものになります。切手買取では高評価になる事が多いので高額買取を期待する事ができます。

1枚の買取相場は5000円前後。5枚が1セットになっているシートはさらに高額で買取に出す事ができるでしょう。

中国切手

昭和24年から平成3年に発行された中国切手。稀少価値も高く、高額での買取が可能です。

特に文化大革命下の切手は切手マニアには有名な1枚になり、買取サイトでも高く売る事ができるでしょう。

他にも様々な種類の中国切手があり、その多くが価値が高い切手になっているのでお持ちなら一度、査定に出してみる事をおすすめします。

ページTOPへ