高額査定!東京都 切手買取サイトランキング

切手を売ろうとお考えの方へ。東京で切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

普通切手の買取価格

高額で売れる価値の高い普通切手

切手には様々な種類があり、いつも郵送などで使われている切手は普通切手と呼ばれています。

記念切手などと違って発行枚数に制限がなく、数多くの普通切手が存在します。

切手を売ろうとお考えの方の中にはこの普通切手が含まれているという方も多いと思います。

普通切手は記念切手などのプレミアム切手と比べると価値は低くなりますが、年代の古いものだと額面以上の買取価格が付き、プレミアム切手になる事もあるので是非、査定に出してその価値を確かめてほしいと思います。

中でも以下でご紹介する切手は普通切手の中でも価値の高い切手と言われているものなので手持ちの切手の中には以下の切手が含まれていないか確認してみてください。

明治時代の普通切手

竜文切手

竜文切手は明治時代に日本で初めて発行された切手です。言うまでもなく価値は高く、高額査定がつく可能性は非常に高いです。

竜文切手の買取相場1万5千円前後。買取サイトによってはそれ以上の金額で買取をしてくれる場合もあります。

竜銭切手

竜銭切手。こちらは竜門切手よりも後に発行された切手ですが、明治時代の切手という事で価値は高い切手になります。

竜銭切手の買取相場は5千円前後です。

大正時代の普通切手

田沢切手

田沢切手は田沢昌言がデザインした切手になり、日本で初めて行われた切手のデザイン大会で優勝した切手です。

有名過ぎる切手という事もあって長期に渡って発行されていたため価値はそこまで高くありませんが額面以上の金額で買取をしてくれる買取サイトは多いです。

震災切手

震災切手は大正時代に起こった関東大震災のあとに民間で発行された切手です。

関東大震災で被害を受けた印刷所は多く、切手の発行が困難になったため民間で発行されたと言われています。

震災切手の買取相場は500円前後。未使用で9種類すべて揃ったものでは1万円という高額査定がつく事もあります。

富士鹿切手

大正時代に外国郵便料金の変更時に発行された切手が富士鹿切手。

外国向けの切手ということもあり、デザインは富士山と鹿が描かれいて日本を象徴する切手です。

買取相場は1枚100円前後になりますが、額面以上の金額で売る事は可能です。

昭和時代の普通切手

昭和切手・新昭和切手

昭和切手は長年親しまれてきた昭和の切手。1次~3次までに分類され、さらに戦後には新昭和切手として新たに発行され小切手と同じく1次~3次までに分類されています。

昭和切手・新昭和切手の買取相場は100前後と決して高額ではありませんが、保存状態が良い切手や1次の切手だと1000円前後まで買取金額が跳ね上がる事もあります。

平成切手時代の普通切手

平成切手

平成になってからも多くの普通切手が発行されています。ただ、年代が新しいという事で価値はほとんどないのが事実ですね。

郵便局に行けば普通に購入する事ができますし、買取にだしたとしても額面と同じ金額、もしくはそれ以下で取引される事が多いです。

ページTOPへ