【切手買取】記念切手の買取相場と高く売るコツ!

記念切手を売ろうとお考えの方へ。記念切手を高額買取してくれる切手買取サイトをピックアップして紹介しています。

中国切手の買取価格・買取相場

中国切手の種類はとても多く価値が高い切手が豊富に存在する!

中国切手とは、その名の通り中国で発行された切手になります。

中国切手の種類はとても多く、シート切手はもちろんバラの切手でもとても価値が高い切手が豊富に存在します。

動物モチーフ

ジャイアントパンダ・猿・馬などの動物が図柄になっている中国切手のシリーズがたくさんあります。

ジャイアントパンダの中国切手は、現在でも発行されているそうです。

特に有名な動物モチーフになっている中国切手は、1980年発行の「赤猿」になります。

赤猿は特に希少価値が高くなっているので、切手買取業者では高額での取り引きになるようです。

赤猿の買取り価格は、1枚約12万円から17万円ほどになり、シートの状態や極美品になるとさらに高額取引きとなるケースがあります。

【動物がモチーフになった切手の相場価格】
・オオパンダ:約3800円~4800円くらい
・徐悲鴻 奔馬:約3万円~37万円くらい
・赤猿(子猿):約12万円から17万円くらい

高額切手

「全国の山河は赤一色」「梅蘭芳(メイランファン)舞台芸術切手」などの中国切手は、価値がとても高く未使用ならもちろんのことですが、たとえ使用済みでも切手査定の専門家に鑑定してもらうと良いでしょう。

全国の山河は赤一色の中国切手は、ハイレベルのプレミア切手となります。

図柄の台湾が白抜きになっているミスプリントのため、発行して半日で緊急回収をされたので、ほぼ出回っていない中国切手となるのです。

最高の買い取り価格は数千万円にもなり、使用済みでも数百万になったというケースもあります。

全国化学大会1978年・中国共産党50周年・蝶シリーズ・菊シリーズ・牡丹シリーズ・金魚シリーズ・天安門図東北貼用・西湖博覧会絵葉書など、豊富な種類の高額切手があります。

【高額切手の相場価格】
全国の山河は赤一色:約100万円~
梅欄芳舞台芸術:シート未使用約100万円~、バラ切手約7万円~約40万円

文化大革命切手

1977年に終結宣言が出された中国の文化大革命時代に発行されたのが、文化大革命切手になります。

中国の初代主席の毛沢東がモチーフとなっている中国切手が多く発行されています。

「毛沢東の長寿を祝う」切手は、毛沢東の姿の図柄が1種と残り10種は毛沢東語録より選び抜かれた文章で作られています。

「毛沢東の最新指示」切手は、毛沢東の姿の図柄の下に毛沢東語録より選び抜かれた文章で作られたシリーズとなります。

毛沢東に関係した中国切手が多く発行されていますが、1960年代頃の中国では切手を集めることを禁止されていたので、この時代の切手は希少価値がとても高く高価な中国切手となっています。

切手の状態次第でも買取金額が大きく変わる!

高額査定の鑑定を受けるためには、中国切手の状態が未使用美品、破れ・ヤケ・汚れなどがない状態が条件となります。

中国で発行された切手を「中国切手」と呼びますが、すべての中国切手に高い買い取り価格が付くというわけではありません。

特に、1950年代頃から1980年代頃に発行された中国切手が高値で取り引きされることが多いようです。

なので、現在中国で発行され広く使われている切手が高価買取にはならないので注意してくださいね。

中国切手の買い取りをしようと思っているときに確認しておきたいのが、切手の状態を見るということです。

「切手の状態」とは、

・破れや汚れがないか
・裏のりが残っているか
・未使用

などになります。

どんなにレアな中国切手だとしても、汚れていたり破れがあり使うことができない状態になると、高価買取を期待することはできません。

自宅に中国切手があるけど買い取りできるか悩んだら、切手買取業者へ査定に出してみることをオススメします。

記念切手 一覧

ページTOPへ